FESTIVALポータルから実験に参加しませんか!

FESTIVALとは「相互運用可能なスマートICTサービス向けの連合型開発とテストプラットフォーム」プロジェクトの略であり、ヨーロッパと日本それぞれの実証実験プラットフォームへの同質なアクセスを提供しています。

FESTIVALのパートナーは、実際のエンドユーザーが関わる物理的なテストベッド環境のもと、さまざまな分野(都市、建物、健康、公共サービス、美術/文化など)で付加価値のあるサービスを実証するための「サービスとしての実験」モデルを開発しました。

FESTIVALポータルでは、オープンデータ、IoT(モノのインターネット化)、インフラストラクチャテストベッド(IT)、リビングラボなど、さまざまなリソースへのアクセスを可能にすべく、ヨーロッパと日本のテストベッドが組み込まれています。

あなたはアルゴリズムを「本当の」リソースでテストしようとする科学者ですか?
製品のコンセプトを実証したいと思っている技術専門家ですか?
IoTのレッスンを実践することに興味がある学生ですか?
または、最新の作品を試したい独創的な開発者ですか?

FESTIVALのオープンコールに参加して実験参加者となり、使いやすいAPIでFESTIVALポータルにアクセスしましょう。それにより、

  • 大規模なテスト施設へのアクセスが1か所で行えます。
  • 自分のテスト環境を準備するための時間とお金を節約することができます。
  • 現実世界において、スマート・ソリューションのテストとデモンストレーションができ、
  • 実験参加者や専門家の大規模で活発なコミュニティの一員となれます。

実験参加者は、異なるリソースへのアクセスを統一された方法で行うことができるというユニークなツールの活用を通じて、これらのヨーロッパと日本のリソースの恩恵を受けることができます。また、マルチデバイス、マルチプロトコル、マルチカルチャー環境において、それらのリソースを使用、構成、拡張し、実生活に近い状態で研究を検証することができます。

FESTIVALのリソースを介して探索されるアプリケーションは次のとおりです。

  • スマート・エネルギー:効率的なエネルギー管理と省エネルギー。
  • スマート・ビルディング:住宅、駅または作業スペースなど、さまざまな建物や施設におけるビルオートメーションとセンシング。
  • スマート・ショッピング:関連するセンシングとインタラクティビティを使用した、顧客とショッピングエリアおよびショップとの関係改善。
  • スマート・シティ:都市部は、公共交通機関、街灯、水道、廃棄物リサイクル、文化などの公共サービスの最適化を促進するためのデータ収集。

実験参加者の募集についての詳細は、特設ページをご参照ください。

http://www.festival-project.eu/ja/?page_id=998 

お問い合わせは、こちらのメールアドレスまで: contact@festival-project.eu