FESTIVALのテストベッドは、コンピューターの世界と物理的な世界とを結び付けます。都市レベルの大規模な展開から、ラボ環境の小規模プラットフォーム、現実世界の環境を想定した物理的スペースに至るまで、多岐にわたって対応します。こうしたプラットフォームが、独自の付加価値的サービスの実験環境を提供する「EaaS」モデルに基づき、均一なアクセスが可能なAPIを通じて相互に接続・連携されます。FESTIVALプロジェクトのテストベッドは、以下の通りです。

実験施設

プラットフォーム

テストベッド

リビングラボ

Art&Sciences

フランスにあるアトリエ芸術科学は、ヘキサゴンシーン国立芸術科学(メラン地区)と、原子力・ 代替エネルギー庁研究センターとの共同研究のプラットフォームです。画期的なイノベーションを作り出すため、芸術家と科学者を結びつける場所です。